男女

外付け専用のhddが認識しなくなったら専門業者を頼ろう

パソコン

失ったデータを復元する

データ復元業者を利用する際の基礎知識としては、ハードディスクなどの記録媒体の電源を入れる際に注意しなければならないという点です。そのことに注意して早めにデータ復元サービスを行っている業者に引き渡しましょう。

ネットワーク

データの安全な保存

オンラインストレージとは、インターネット上にあるサーバーにデータを保存するためのスペースを貸し出すサービスのことです。特に法人がオンラインストレージを導入するメリットとして作業効率のアップやセキュリティ面での強化といったものを受けることができます。

ファイル

オンライン上のストレージ

自社内に設置するファイルサーバにおいて起こりえる様々な問題をクラウドサーバは解決してくれます。メンテナンスにかなりの費用がかかり、維持していく事が困難なファイルサーバをローコストで導入できるという事で現在、世界中の企業から関心を集めているサービスです。

アクセスできない場合

ハードディスク

接続を確認する

社内のパソコンのマイコンピューター内で、外付けhddが認識しないときは、まず電源とパソコンへの接続状態を確認しましょう。USBコネクタが正しく接続されているか、電源が入っているかです。外付けhddを接続していてもふとした拍子に抜けていることがあります。オフィス内のケーブル等が劣化して接続不良となっていて認識できていない可能性も考えられます。そのため、別のケーブルがあれば、試してみましょう。ケーブルを変えることで認識することもあります。外付けhddの電源がつかなかったり、hddの動作音がしないときは、hdd自体が故障している可能性があります。hdd内に保管されたデーターが必要な時は、専門の業者に依頼する必要があります。社内のパソコンのマイコンピューター内に外付けhddが表示されるときは、hdd自体は認識しています。そして、外付けhddにアクセスしようとした場合、フォーマットされていませんと表示されることがあります。こうした場合は、はいを選んでも、いいえを選んでもデーターにアクセスできない状態でしょう。そのときはフォーマットをしてしまうと、データーが消失してしまいます。そのため、フォーマットはせずにデーター復旧ソフトを利用して、データーを復元しましょう。データ復旧ソフトは無料のものと有料のものがあります。どちらを使用していいか分からないときは、無料のものを試し対処できない場合は有料のものを利用してみましょう。またhdd復旧業者に修理を依頼するのもいいでしょう。復旧業者によっては受付を24時間やっているところもあるので、始業前の朝一でオフィスまで来てもらって修理してもらうこともできます。