レディ

外付け専用のhddが認識しなくなったら専門業者を頼ろう

オンライン上のストレージ

ファイル

手軽なファイルの保管庫

企業が業務に必要なファイルを複数の人間で共有する際、自社内にファイルサーバを設置する事が一般的でした。しかし、現在ではオンライン環境さえあれば何処からでもアクセス可能となるクラウド型のファイルサーバに関心が移っています。クラウド型のファイルサーバは自社内にサーバを設置する場合に比べて様々な利点があります。大容量のファイルを扱う事が当たり前となった現在、すぐにディスクの容量不足という問題が起こり自社サーバの場合は容量不足を補うためにその都度ハードウェアの増設をしなければいけません。クラウド型のファイルサーバの場合、サービスを提供しているサイトにプラン変更を申し込むだけでこの問題は容易に解決されます。ファイルサーバを維持するためには日々のメンテナンスも避けられません。ファイルを保管しているハードウェアに不具合が起きれば仕事で必要な大事なファイルを失う可能性があるからです。自社内にファイルサーバを設置している場合では、メンテナンスに多くの人出と時間が必要となり、当然そのための費用も大きな負担となります。クラウド型ならハードウェアのメンテナンスの心配は無くなりコストも大幅に削減されるでしょう。既にファイルサーバを自社に設置している会社でも、自社内のサーバに問題が起きた場合の保険としてデータのバックアップ用にクラウドサーバを利用する事も考えられます。手軽に導入できコストも削減され、ファイルを失うリスクも最小限に抑えられるという事ならば、多くの会社がクラウド型のファイルサーバを利用するようになったのも当然の事のように思えます。